世界は考え方でどうにでもなる

社内SEからジョブチェンジし、コンサルタント勉強中です。「人間を科学する」そんな仕事に興味があります。

転職後、コンサルの研修中

こんにちは。

3月はヨーロッパデビューを果たして浮かれていましたが、退職の手続きを正式にし、4月1日は休日でしたので、4月2日から社会人復帰して新しい会社で研修を受けています。

大体3週間経ちましたが、これまでの研修について書きたいと思います。

内容

そもそも「コンサルとは」という話は入社前研修でやっていました。

makotodiary.hatenablog.com

ということで、入社後ではそんなことはやらず、4月なので新卒と一緒に部署紹介やビジネスマナーの研修を受けていました。ただ、トレーニングもするんですが、基本的には実力テストのような形で

課題が出る→解答する→採点される→ランキング付けされる

というシビアな競争社会の研修になってました。

これについてはとても良いと思う点は、上位に行くとやる気と地頭のある人が集まるので優秀な人とネットワークを築くことが出来る点です。その反面、下位になってしまうと残念なことになってしまいますが。

また、英語での研修があり、これが精神的にプレッシャーがとてもきつかったですね。

グループワークとプレゼンを毎日英語のみで行うのですが、なかなか適切な英語を口に出すことができず思うように伝えることが出来ませんでした。英語を学ぶ危機感が芽生えました。

日本でこんな英語漬けになることはすごく学習したい人にとっては貴重でありがたいことではあるのですが、本当に今必要なの?と感じなくもない。というか今出来ない人ににとっては結構厳しいなあと思いました。そもそもそんな人は採用していない前提なのかもしれないけど。

とはいえ、ここまで充実した研修をしてくれるとは思ってなかったので、自分の出来なさに落胆はするけど、ある意味とても緊張感あって成長の余地も大いに感じるので、これから頑張っていこうと思ってやっています。

採点について

採点レビュアーは、研修担当者や先輩社員の方がやってくれています。おそらく観点があって(例えば、マインド、スキル、コミュ力など)それが出来ているかで評価していると思いますが、若干受講者の間では納得できてないところもあります。(レビュアーは常に見ている訳でないし、観点も公開されていない)しかし、それも含めてしょうがないかなと思います。終わってしまったものは忘れて今後どうするかだけを考える。実際の仕事でもクライアントや上司に評価されるので研修と変わらないと思います。

個人的は、グループワークは結構グループメンバーとの相性によると思っていて、最初のメンバーはすごい円滑に進んだのに今のグループはちょっと相性が良くない感じでやりづらい。。上手くコミュニケーション取ればマシだったかもしれなかったが、その時は英語のみで戦略を提案しないといけないGWだったため、途中で色々諦めてしまった。それが結果ランキングに反映されている訳だけど。

途中で気を抜いたらいけないってことですね。ストレスで辛くならない程度に頑張ろう。

 

もう研修はほぼ終わりですが、全体的に英語がすごい比率が大きかった。問題だったのは、頭の中ではわかっていても英語が出来ないせいでその能力がないと評価されてしまうこと。そこが悔しい点でした。もっと英語できればと何度思ったか。

 

今後の対策

今後として、実務は最優先でやるが、並行してなる早で英語も身につきたいと思います。

 

英語スキル向上

  • インプット

毎日英語のポッドキャストを聴き、スタディサプリをやっています。なるべくながら聴きをしないで音を正確に聴きとるようにしてやっています。

  • アウトプット

YouTubeシャドウイングをやりたい(まだ出来てない)家でやるようにしたい。

 

コンサルスキル向上

  • 資料作成スキル

PPT→バブルチャートや散布図など様々なチャートの作り方適切な使い方を知ること。良いチャートを見て自分で表現できるようにすること

Excel→ピボットテーブルを使いこなせるようになること。

書籍を読んでフレームワークを使用してみること。

  • 問いに対する課題の設定、進め方のトレーニング

課題に対して適切な進め方を学ぶこと。それを実際にやってみること。

これから最終課題は個人ワークになるのでこれが本当の勝負だと思ってベストを尽くしたい。

 

それでは。

20180323-25 マヨルカ島(ヨーロッパバックパック旅行10日目)

朝8時宿近くのカフェにいった。あまりカフェはまだ開いてなかった。結構開店時間はバラバラみたい。

f:id:makotodiary:20180323082345j:plain

2€でマヨルカ島伝統的な菓子パンのようなもの「エンサイマーダ」とエスプレッソを購入。安い!そしてどちらも美味しい!
昨日の5€のカプチーノは大したことなかったな。
その後ソーイェル鉄道の受付で10時16時の往復チケット購入25€
そこではporte de soller 行きのトラムのチケットは買えないと言われた。買うにはsollerに行ってそこで買うことが出来るらしい。
 
一旦宿に戻り荷造りしてチェックアウト。
荷物を一部おいてもらっていざsollerへ!

f:id:makotodiary:20180323093722j:plain

駅のホーム。実際には写真にあるtrainにそのまま乗った。trainはこっちに来なかった。笑

f:id:makotodiary:20180323105135j:plain

街につくちょっと前の撮影スポット

f:id:makotodiary:20180323112732j:plain

f:id:makotodiary:20180323114101j:plain

鉄道1時間でついたいい雰囲気の町

f:id:makotodiary:20180323114928j:plain

Pablo PicassoとJoan Miro。ミロはマヨルカ島でアトリエを持ってたみたい。そこでピカソなど色々な芸術家と共同制作を行っていたらしい。

 

お土産屋の通りを往復してトラムにのってPorto de Sollerへ7€。トラム内でキャッシュでスタッフに乗車料払うやり方でOKだった。ネットでは5€だったのに7€に値上がりしていた。

f:id:makotodiary:20180323124018j:plain

f:id:makotodiary:20180323124412j:plain

f:id:makotodiary:20180323131216j:plain

f:id:makotodiary:20180323131435j:plain

ランチでアマトリチャーナ海鮮スパゲティ美味しかった猫がいてさわらせてくれた
スタッフがいい写真スポット教えてくれた。
日本人と言ったら厨房のスタッフ紹介された。なんだかよくわからないけど日本と関わりがある人らしい。うまく聞き取れなかった。笑
何いってるかわからなかったけどいい人だ。
絶景スポットでマダムたちと写真の撮りあいした。
トラムが14時くらいの来たので乗って帰る。名残惜しい。
気候もあったかく丁度よい天気だった。
f:id:makotodiary:20180323152307j:plain
14時半にはソーイェルに戻った。
 
チョコとオレンジのジェラートを購入。3€
f:id:makotodiary:20180323140353j:plain
土産物を購入オリーブウッドの小物4つで18€
オリーブオイルは瓶で100ml以上のため機内に持ってけないから断念。
 
時刻表のようなものには15:10と書いてあったから15:10に発車かと思ったら16:
00発車だった。思わぬ時間ができたけど駅周辺でボーッとして過ごした。
17時すぎパルマ着。宿から荷物を受け取りそのままPlaza Españaからバスで空港へ。キャッシュで5€。バスドライバーに渡して乗車券のような紙もらって乗車。20分経たないくらいで空港に到着。
19時前にはチェックインして空港内のセガフレードにて軽く食事。パニーニは美味しくなかったけどエスプレッソは美味しかった。
ビジネスクラスで帰って快適だった。
2115バルセロナ空港着。バスでカタルーニャ広場へ行き、そのままマヨルカ島に行く前の宿に行って預かってもらってた荷物と手持ちの荷物を整理し帰国の準備をして就寝。
宿のオーナーは親切で、明日朝早くに出てしまうことを伝えると朝食用にとクロワッサンをくれた。ありがたい。
 
翌日24日。
もうそのままバルセロナ空港→ミラノマルペンサ空港→バンコク国際空港→成田空港で帰国した。
 
帰国時苦労したこと一つ。ミラノマルペンサ空港でチェックインする必要があってその時きっと大きい荷物が機内持ち込みだめだなと思い、チェックイン時に預けたい旨を伝えたところ、規定外荷物は別のところに持って行ってくれと言われた。そこの場所がちょっとわかりづらく苦戦した。セキュリティコントロールの入り口は確か1箇所だったと思うが、その右横の小さなスペースにあった。わかりづら!
ただ、そこで一旦預けたらあとはバンコクもスルーして無事成田空港で見つけることができたので本当良かった。
 
あともう一つ。タックスフリーのもの買ったんだけど、その税関手続きの場所も若干わかりづらかった。マルペンサ空港でboardingのセキュリティコントロール受けた後に案内を見ると「tax freeはこちら」みたいな案内が出ていたが、その入り口が目立たなくて本当にこれか?と思いながら入るとちゃんと手続きするところがあった。もうちょっと分かりやすくして欲しい。
 
というわけで、ヨーロッパバックパック旅行の終了。
なんだか全体としてバタバタしてしまったけど、事前準備はいくらしても満足いくまで調べることは無理だろうし間違った情報を掴んでしまうこともあるだろうし、これぐらいのスピード感でできればいいのかなと思った。あとは現地でも情報収集をもっとできるようになるとスムーズかな。人に聞くことや英語のサイトを普通に調べたりなどもっとできるようにならないといけないと思った。
結果として、自分としては初めてのヨーロッパを尻上がりに楽しむことができたので十分満喫できたと思う。移動が多く、各都市を十分に知ったというには程遠いが、今後につながる良い体験だった。
特にスペインはもっとじっくりみていきたいと思った。また、一人より複数で行った方がもっと楽しいだろうなと感じた。特に食事時など周りで一人で食べている人がほとんどいないので、驚きと同時に少し寂しさを覚えた。
欧米は独り身には厳しそうだなー
 
それでは。
 

20180322 マヨルカ島(ヨーロッパバックパック旅行9日目)

朝0600に宿を出てカタルーニャ広場にいき、空港行きのバスに乗ってバルセロナ空港へ
8時ぐらいにフライトで10時にはマヨルカ島の市内に到着。

f:id:makotodiary:20180322104050j:plain

旧市街はとても洗練されている感じがする

f:id:makotodiary:20180403210907j:plain

f:id:makotodiary:20180322103643j:plain

とりあえずCatedral de Mallorcaに行った 

f:id:makotodiary:20180322105750j:plain

Catedral de Mallorca内。7€でmuseumに入るとそのままこっちに繋がっている。

f:id:makotodiary:20180322113228j:plain

情報収集する為に歩き回ってカフェでネットサーフィン。このカプチーノだけで5€くらいかかった。大通り沿いだから?
 
いいレストランの紹介しているブログを見つけたのでそのレストランを13時に予約した。

f:id:makotodiary:20180322132352j:plain

f:id:makotodiary:20180322133757j:plain

f:id:makotodiary:20180322140112j:plain

レストランはコースで3品選ぶ(前菜、メイン、デザート)
前菜タコのリゾットオリーブ添え
メイン熟成ビーフほぐせるくらい柔らかい!
デザートマンゴーシャーベットとクッキー
カフェエスプレッソにチョコとゼリーつき
 
全部本当に美味しかったけどスウェットみたいな格好で行くのは失敗だった。後でHMでボトムとソックス購入し、合わせて23€。
 
そのあと宿に行った。受付のお姉さんが美人。
部屋がキングサイズで2回もあってベッドが3つで大きすぎた。
 
ベルベールはタイムアップで諦めてディナーとしてスパゲティ食べた。
夜のベルベールは見に行こうとしたけど見えなくて失敗だった。

f:id:makotodiary:20180322202029j:plain

Royal Palace of La AlmudainaとCatedral de Mallorcaのライトアップがきれい。
 
帰り携帯の電池がなくなって迷子になってピンチだった。30分くらい迷ってようやく見つけた。
疲れてそのまま寝てしまった。ただ迷子になった時でもあまり他の都市に比べて危険な感じはしなかったかな。人がいなくなるだけで静かなだけ。
 
感想
少ししか歩いてないが、どこもきれいだし雑貨やカフェ、バル、リストランテ、ショップ、スーパー、ブランド品など揃っている雰囲気。途中でモデルニスモの建物があったりして普通に歩いているだけで楽しい。それに歩き回るにちょうどいい町の大きさだと思う。坂や階段が多いので自転車は無理かな。宿の近くに学校もあるみたいで、平日だったので下校する制服姿の子供がたくさんいた。ローカルとツーリズムのバランスがちょうどいいなと思った。
 

20180321 バルセロナ(ヨーロッパバックパック旅行8日目)

0600宿でてミラノセントラル駅前のマルペンサ空港行きのバスに乗る7か8€。

f:id:makotodiary:20180321113408j:plain

f:id:makotodiary:20180321121915j:plain
0945バルセロナ行きのフライト11時くらいにバルセロナつきバスでタルーニャ広場まで。そこから宿まで徒歩10分ないぐらいだった。便利。
 
スペインに入ってイタリアのプリペイドSIMカードが使えなくなったのでネットができない。宿近くでwifiがあるバルでランチがてらairbnbで連絡を取る。

f:id:makotodiary:20180321130032j:plain

taller de tapas店内

f:id:makotodiary:20180321131028j:plain

タパスのトマトがのったトーストがフレッシュで美味しかった。

 
1400宿着。
 
ボーダフォン1軒目行ったらプリペイドSIMカードは売り切れており、近くに別のショップがあるからそっちいってと言われ探して入る。が、30分くらいまたされる。サグラダファミリアの予約時間が差し迫っていたが購入してぎりぎり間に合った。
2GB15€ 通話は30分可能で15€だった。
 
f:id:makotodiary:20180321155134j:plain
タクシーでサグラダファミリア

f:id:makotodiary:20180321163523j:plain

f:id:makotodiary:20180321165826j:plain

f:id:makotodiary:20180321170711j:plain

中はいって塔のうえいって降りて写真とってカサミラへ
20€ぐらいの入場料で入って20分ぐらいででてカサバトリョへ
時間ないので外見だけで終わり
 
あとシューメーカーのカルミナの直営店があったのでそこで黒の短靴購入400€タックスフリーよくわからないけどとりあえずもらう。空港でなんか押してもらうらしい。
 

f:id:makotodiary:20180321190422j:plain

ブケリア市場に行った。生ハムが美味しそうに見せるライトがすごい。
f:id:makotodiary:20180321205746j:plain
Sensi Gourmet Tapas
f:id:makotodiary:20180321205604j:plain
「グラス一杯のワインは健康に良い。ボトルにある残りのワインは士気に良い!」
とフランス語で書いてある。格言は大体フランス語な気がする。
 
そしてタクシーで宿に帰り荷造りしてバルへ
1軒目は結構あるいておしゃれな角にあるバルへ
カウンターで飲んだシャルドネが美味しすぎた。料理も凝っていて美味しかった。
ただその店の回りの雰囲気が時おり怪しい雰囲気になるので注意。
 

f:id:makotodiary:20180321214408j:plain

その後宿に戻るとき酒という漢字を発見し入ると日本料理と酒も提供するバルだった。料金は割高。日本人が働いていたがスペイン生まれ育ちで母と話すとき日本語覚えたらしい。獺祭を頼んだ
あとタタキわさびと明太子つき、シメサバ、焼きそば食べた。
焼きそばは中華っぽかった。回りのスペイン人はワイン飲んで箸使ってた。
 
あとは宿に帰って寝た。

20180320 ヴェネツィア(ヨーロッパバックパック旅行7日目)

朝はスーパーで買ったボロネーゼ?をレンチンして食べた。不味かった。
あと緑茶をくれたのでそれを飲んだ。普通に日本と同じだった

f:id:makotodiary:20180318190418j:plain

 
家はそこまできれいじゃないけど贅沢は言わない。
鍵を6回回さないといけないのは不思議だった。
ミラノの最後の晩餐とか予約とれなかったので、適当に散策した。人気ですぐ埋まっていた。次は4月の下旬とかだった。
 

f:id:makotodiary:20180320114631j:plain

まずメトロでDUOMO に行った。あんなでかいのがあるなんて
なかにはいるにはならばないといけないようなのでパス
次にメトロで城の周辺までいってランチ

f:id:makotodiary:20180320122710j:plain

ピッツァビスマルクナイフとフォークをつかってきって食べた美味しかった!白ワインも美味しかった。でも大きすぎてお腹いっぱい。
 
f:id:makotodiary:20180320135507j:plain
城はでかかった。素通りなら無料
噴水前で撮影してたらミサンガの例の押し売りが来やがった。勝手に腕においてプレゼントプレゼント!とかほざきながらいざ去ろうとすると手首に巻こうとする。もらうだけだといって去ろうとするとミサンガを奪われた。まあ要らないしそのまま歩いて去った。マジでうざい。台無し。
 
ミランはおしゃれというかビジネスパーソンがやはり多い。それなりに身なりに気を使っている。おしゃれな人もいる。気疲れしそう。

f:id:makotodiary:20180320135923j:plain

f:id:makotodiary:20180320142351j:plain

最後の晩餐があるサンタマリアデッレグラツィエ教会
f:id:makotodiary:20180320153255j:plain
スーパーでフルーツなど量り売りしている。トレイに載せたあとボタンを押すと値札シールが出てくるので、そばにあるビニール袋に入れシールを貼って会計する。
 
その後、最後の晩餐の協会の建物前までいってみてメトロでDUOMO まで戻り散策してつまみに生ハムとヨーグルトとコーラかって宿に帰った。16時
そのままずっと宿にいて寝た
雨が降ってたし寒いし見所ないし
以上