世界は考え方でどうにでもなる

練習用から一つレベルアップして社内SEになった今、日々思うことを書き連ねていきます。「人間を科学する」そんな仕事に興味があります。

面接行ってきました

こんばんは。makotoです。

 

 今日は面接でした。

やはり緊張するなあ。後からあれもいえばよかった、こういった方がよかったと気がついて悔しい思いをしています。

まあ今後につないで行けるように忘れないようにしないとですね。

また、Javaの簡単なテストがありましたが、やはり自分は基礎がしっかりできてないなーと痛感しました。

受かってたらいいなあ。

 

それでは。今日は英文レジュメ作成で寝不足のため、早めに寝たい。。

英文のレジュメできました!

こんにちは。makotoです。

 

ようやく、英文のレジュメができました。

初めてなので、どのように作るかもわからなかったので、とても難しかったですが、以下のサイトがフリーでレジュメ作成できるので、大変助かりました。

しかもSE用に英文のテンプレートがとても豊富!これが素晴らしかったです。

https://www.livecareer.com/

 

 

最後に、やったできた、さあダウンロードしよう!と思ったら、14日間の保存で3$かかりますだって!

作るのは無料だけど、ダウンロードはお金取るんかい!そして期間限定かい!

 

そこで少し悩みましたが、デザインレイアウトや内容が決まっていればあとは書き起こすだけなので自分でできるなと思ってダウンロードしませんでした。

3$といえど、なるべくお金は払いたくないですしね。

そして、14日間で消去されますしね。

それなら今ちょっと頑張って自分で作った方が、無料でずっと残りますからそっちの方がいいですよね。

 

というわけで、朝3時から4時間に渡る格闘が終わりました。

 

これから仕事だー

 

それでは。

応用情報技術者試験午前は通過!

こんばんは。makotoです。

 

応用の採点しました。試験直後は「たられば」を考えてしまって後悔しそうだったので少し時間をおいて見ました。

 

結果58/80問正解でした!

 

まずまずといったところでしょうか。

特に40~60問が18/20問正解していたのが良かったです。

午後問題もそうであって欲しいが微妙なところです。

これまで3回受験したのかな?いい加減受かっておきたい。

ただ、すでに終わってしまったものは考えてもしょうがないので、さっさと忘れることにします。

 

転職エージェントと面談した方がいい5つの理由

こんばんは。makotoです。

とりあえず、転職を始めて履歴書と職務経歴書をネットを漁って気に入ったテンプレートを見つけて昨日深夜2時ぐらいに仕上げました。

 

今日もなんやかんや深夜2時。。

 

さて、転職活動ですが、転職エージェントと面談した方がいい理由について

 

1.何と言っても非公開求人を紹介してくれる

具体的にどうするのか分かってなかった時は、求人サイトにある求人が全てだと思ってましたが、それらはいわゆる撒き餌らしいです。どうりで年収が高すぎると思った。

それらでまずは求職者と会って見て会社内の足りない部門に配属させるというやり方が多いそうです。確かにそれは十分ありえるなー。なので、エージェントとあえば転職サイトにない求人を紹介してくれるので選択肢が広がります。

僕の場合は、自分が希望する条件にマッチするグループ、自分のスキルに合いそうなグループ、狙いやすいグループというような感じである程度満遍なく20社ぐらい紹介してもらいました。

 

2.一般的な進め方やアドバイスをくれる

まあ、右も左も分からないので、一般的な進め方を提示してくれたのは指標となりました。一般的には1ヶ月程度で転職活動完了してしまうことには驚きました。過去のデータから導き出されたものなので信頼できるのではないかと思いました。1ヶ月をすぎるとなかなか決まらないらしい。あくまで一般的になので、自分は自分と考えていますが。

僕は普通に4月からキリよく採用しようと考えている会社は多いんじゃないかと思っていたんですが、それは一括採用の場合であって、中途採用なんて即戦力を求めてるし、良い人材はすぐ手に入れたいと思いますよねそりゃ。半年後には他のところに目をつけて行ってしまうかもしれないし待ってられないよと。

そこはちょっと考えを改めさせられました。

 

3.一人じゃない専門家・相談役がいることの安心感

正直一人で進めるには、面接の対策とか職務経歴書の書き方やイレギュラーの倍の対応など不安な点があったので、いつでも相談できて頼れる存在がいるのはちょっと不安が軽減しました。失敗しても自分で探さなくても見つけてくれるありがたさとか後々効きそう。笑

 

4.履歴書・職務経歴書作成代行サービス

今では、履歴書など作成代行サービスもやってくれるそうです。なんと無料!まあ、今回は自分で書いちゃいましたけど。

 

5.聞けば色々教えてくれる

ただの転職エージェントとしてだけでなく、色々な話を聞けると思います。

自分の市場価値の測り方や、

自分と同じ経歴の人はよくいるのか。

同世代はどういった人材が多いのか。

どこどこの会社は何をやってる

あちらの会社は最近こういうことを始めた。

転職活動で気になったことをなんでも質問できて知ることができるのはメリットだと思います。3と重複してますね。笑

 

特に在職中は、自分があまり時間が取れない時に色々考えてくれたり、企業とやりとりしたり、進捗管理してくれたりする秘書的な存在なので、エージェントはいたほうが便利ということです。

ただ、あちらも企業なので、なんのメリットで動いてくれているかは知っておくべきですけどね。エージェントを通じて採用されれば、年収に応じて仲介手数料でしたっけ?がもらえるので、条件なんて関係なしに年収高いとこを勧めてこないかとかはみとく必要がありますかね。

そこも、エージェントとの意思疎通を図って悪いようにならないよう注意したいと思います。

 

そろそろ眠いのでこの辺で

それでは。

応用情報技術者試験受けて来ました

こんにちは。

 

試験受けて来ました。

手応えはまあまあというところでしょうか。

あまり期待しすぎても、落ちたらがっかりしてしまうのであまり期待しないようにしてます。

午前問題は一番後ろから順番に解いて行く方法でいきました。春期と同じ作戦です。

解いていて気がついたのが、過去問と違ってドローンや、IoT、AIなどの言葉が普通に見られるようになっていて、半分くらいは過去問と同じ内容で半分くらいは見たことない問いだったかなという印象でした。

早めに解き終わったので、あまり見直さず、1時間ぐらい早めに退出しました。

 

午後問題は昼ごはん食べてて、失敗したんですが、時計を家から持ってくるのを忘れていて時間がわからなくて開始時間が13時だったのを13時5分ぐらいに会場に戻ってしまいました。笑

 

ざっと選択問題を見て、大問4webAPIと9経営的な問題、10サービスマネジメント、11監査的な問題を選択しました。

プログラミングとかDBとか理系っぽいのはどうも苦手です。

 

最後に大問9の最後の記述だけギリギリになってしまって焦りました。

あってるか微妙です。

 

全体としては、基礎的なところは確実に取れている感覚はあるので、あとはどれだけ応用的な問題で積み重ねられるかですかね。

 

明日には午前問題の回答速報が出るのかな?会社に報告しなきゃなのが面倒くさい。

まあ一旦、12月の合格発表まで忘れようと思います。

 

それでは。