世界は考え方でどうにでもなる

アウトプットの練習場所です。大目に見てください

警察官の自転車盗難登録照合と銀行口座の開設

●警察官の自転車盗難登録照合確認 

P:あのーすいません。ちょっと自転車の防犯強化にご協力お願いします。防犯登録の番号確認させてもらってもいいですか? 
I:あ、いいですよ。 
P:じゃあ、ちょっとすいません。(前輪の付け根辺りにある登録番号をかがみこんで読み上げる)『えー、デルタの22・・・』(無線機に向かって) 
おお、Dをでるたって言ってると思いながら、自転車から降りると 
P:あっ渡りますか?(横断歩道の前にいたので) 
I:はい。 

渡る。気のきく人だ。 

P:今日はお仕事はお休みですか? 
I:いや、まだ学生で、春休みです。 
P:あ、学生さん!大人っぽいねー。大学生? 
I:これからです。 
P:へー、どこに行くの? 
I:立教か早稲田です。まだ決まってません。早稲田が補欠なんです。(ちょっと言いたかった) 
P:へー、いや、きっと受かってると思うよ。俺の勝手な思いだけど。無責任でごめんねー。(笑) 
I:あ、ありがとうございます。///(照れた) 

無線機から声がする。大体において聞き取れたためしがない。 

P:あもう大丈夫です。ご協力ありがとうございます。 
I:それじゃあ。 


 30歳くらいで体育会系だけど、全然うっとうしくなかったし、それでいて愛想がいいので、とてもいい人でした。 

 今日のこれが、はじめて警察官に話しかけられたことです。 


●銀行口座の開設 

最寄の銀行の案内所に行き、 

I:すいません。 
B:・・・ 
I:新規の口座を開きたいんですが・・・ 
B:あ、はい。ちょっとお待ちください・・・印鑑はお持ちですか? 
I:はい。 
B:何か身分を証明できるものは? 
I:学生証と保険証があります。(この二つ必要なのは予想通り) 
B:あ、学生証・・・。(用紙に書き込む)それでは、こちらへ。 
I:はい。 

立って書ける場所に移動する。 

B:必要事項をご記入お願いします。まず・・・・(といろいろ説明してくれたのですが、思い出せません)書き終わりましたら、こちらの番号をお持ちになって、呼ばれるまでお待ちになってください。 
I:はい、わかりました。 

書き終わり待合室で本(『キャッチャー・イン・ザ・ライ』サリンジャー村上春樹訳)を読んでいると 

B2:口座を新しくおつくりになられるんですか? 
I:はい、そうです。 
B2:でしたら、今とてもお得な「プラン」をご紹介させていただいているんですが、いかがですか? 
I:どんなものですか。(「プラン」なんて胡散臭い・・・) 
B2:お支払いのときにクレジットカードと暗証番号をお伝えいただくと―――お客様は成人してらっしゃいますか? 
I:はい?(成人するなんて聞き慣れなかったので) 
B2:成人はしていらっしゃいますか? 
I:あ、いやしてないです。 
B2:あっ、そうですか!すいません///・・・あのこれは実は成人してないと・・、つまり・・
I:未成年ではだめということですね。 
B2:そうですね。///すいません。ではまた、成人していただいてから、ということで・・・ 
I:そうですね。 
B2:せっかく本を読んでいる途中にお邪魔して申し訳ありません。/// 
I:いえいえ。だいじょぶです。気にしてません。 


 一人目は50代ぐらい、二人目は30代前半ぐらいでした。最初の人はちょっと耳が遠かったと思うな。はじめ無視されたから。でもまあ大体普通の人でした。 

 ちょっと落ち着いた態度でいるだけで、もう大人って世間では見なされる年なんだなぁと思いました。甘えて人にやってもらおうとするのはもう卒業で、これからはだんだん一人でやらなければいけないことが増えます。予行演習みたいなのができてよかったです。