読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は考え方でどうにでもなる

アウトプットの練習場所です。大目に見てください

ここ半年間で色々ありました。

うーん、日々思うところはあるんだけど、引っかかり続けることがなくなってきてるなあ。

ちょっと考え続けたいと思うようなことが少なくなった。そして、それを誰かに伝えたいという気持ちが薄れてる。

前回の記事以降、引っ越しもしたし、一人暮らしして、彼女ができたとか環境が劇的に変わってるんだけど、それをわざわざここに書こうと思わなくなってた。

あんまり外向けなプライベートのこと書きたくないしね。

そしたら今の心境になった原因というか理由はなんだろうと追っていくのがいいか。本当に今考えたこと打ち出してるだけなんだけど。

そもそもブログを書くことが一種の不満足な状況に対してのはけ口だった。

 そういうことかなと。半年前のことを思い出してみたんですが、特に楽しいことがなかった。仕事を楽しんでた。毎日朝早く出社して、夜遅くまで仕事頑張って帰って充実したって思って寝る。家族とも仲良い訳ではないので、家にもあまり居たくなかったというのもある。家族仲については、ここでは触れない。多分以前記事に書いた気がする。ただ詳しく書いてない気もする。とりあえずあまり触れたくない、というかもう終わったものとして捉えおります。以上

 仕事はちょっと大変な時期だったし、だけど真面目に話す友人もいないからネット漁って気になる情報集めて公開して、自分を認めて欲しい欲が出たのではないかと思う。

単純に忙しかった。

 4、5、6月は、残業が会社でも1、2番を争うくらい多かった。そして、休日は引っ越しの準備と引っ越し後の家具選びとか日用品を揃えたり、必要書類の手続きしたりと、やらなければならないことがあってブログを書く余裕がなかった。

ブログは、自分にとっては暇な時間と考える頭の余力と面白いネタがあればするものだったし(引っ越しについては書けば役に立つかなと思ったけど、しっかり書き起こす余裕がなくて今に至る)、心境に変化があったのが大きかったように思う。

彼女ができた。

一番大きなことはこれか。それによって、休日も遊ぶようになったし、自分を好きでいてくれる人がいるっていうのは安心するよね。誰かじゃなくて一人の人に認められているという満足。それさえ得られれば他はいらないと考えていたものが、理想に近い形で手に入ってしまった。

だから、今他に積極的にしたいと思うことがない。

 

何が言いたいかっていうと、幸せなのです。

 

自分にとってブログを書くということが、不満足な状況の仲での余力のはけ口だった以上、今余力があったら全て彼女とのことに向けているので、書く気にならない。

つまり、ブログの優先度が下がったということだ。

なので、これからもしこのブログが更新されることがあるなら、彼女との関係が変わったということでしょう。。

書きたいという気持ちはなくなってはないんだけどね。だから、たまーにまとまってない形で更新するとは思う。

それでは。