世界は考え方でどうにでもなる

アウトプットの練習場所です。大目に見てください

映画『カッコーの巣の上で』とロボトミー(ネタばれあり)

              f:id:makotodiary:20130525095327j:plain

 

 

 「カッコーの巣の上で」を見ました。とても面白かったんですが、最後に主人公がロボトミーをされたことに衝撃を受けました。てっきりハッピーエンドだと思っていたので。

 この手術は第二次大戦後に活発に行われ、1949年には創始者はノーベル医学賞が与えられています。しかし次第に患者の人格が問われ、75年には「日本精神神経学会で『精神外科を否定する決議』が可決されて」完全に廃止されました。「カッコーの巣の上で」の公開は75年です。 

 ロボトミーとは、下に詳しく述べてあるのを載せましたが、簡単にいうと人の知的なものを取り除くことです。それをした人間は、「意欲が乏しくなり、外界のできごとに対して無関心、無頓着になる」というのです。 



 「カッコーの巣の上で」は、ロボトミーに対する批判も含められているのかもしれません。



http://psychodoc.eek.jp/abare/lobotomy.html